浮腫み解消漢方薬

市販の浮腫み解消漢方薬

市販の浮腫み解消漢方薬

 

浮腫みは水分の摂りすぎや内臓疾患で起こります。
一時的に水分を摂りすぎた程度の浮腫みであれば、数日もすれば自然に治りますが、うまく水分が排泄されないで体内に滞ってしまう場合には、放っておいても治りにくい場合もあります。
解消方法にはマッサージや適度な運動が効果的ですが、それと合わせて市販の漢方薬を使ってみると良いでしょう。
漢方における浮腫みは「気が不足して水が滞っている状態」を指し、「水腫(すいしゅ)」と呼びます。漢方薬はこの気と水のバランスを正常に戻すために使われます。
市販で症状緩和に使えるのは、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」です。婦人の病によく使われる漢方で、冷え性・貧血気味で生理前の水が溜まりやすくなるときに飲むと効果的です。
「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」は、消化吸収を助け、余分な水分を取り除く作用があります。水太りで疲れやすい人におすすめです。
「五苓散(ごれいさん)」は、喉が渇いて水分を摂取するのに、尿があまり出ない、汗をあまりかかないという排出量が少ない人に適しています。
「真武湯(しんぶとう)」は、冷え性や代謝の低下によって起こる症状に適しています。
「八味地黄丸(はちみじおうがん)」は膝痛や腰痛などの下半身の不具合がある人に適します。膝から下の水の滞りを解消する作用があります。

 

さらに詳しい情報はこちら
http://生理痛改善.com/


ホーム RSS購読 サイトマップ